経営理念

トップページ経営理念

経営理念

基本理念 (Vision)

誠実で真摯な姿勢を大切に、プロフェッショナルなコンサルティング・サービスを提供し、世界の人々の快適で安全な暮らしの実現に貢献する。

企業使命 (Corporate Mission)

‐ 日本を代表する世界一流コンサルティング企業を目指す。
‐ 技術の深化・サービスの進化に努め、顧客に新たな価値を提供し、顧客から信頼されるパートナーであり続ける。
‐ 社員の適正な待遇、株主への適正な配当をおこない、企業価値の向上を図る。

行動指針(Code of Conduct)

わたしたちは
お客様を第一に
チームワークと
誠意を以って
新しい視点を大切に
行動します。

Customers First
Team Spirit
Integrity
Innovation

中長期ビジョン

-CTIIビジョン 2025-

1.経営の概況

  • 当社は、独立前の(株)建設技術研究所海外部〜海外事業部の時代から、海外開発コンサルタント業界の中で「水に強いコンサルタント」との評価を得て、河川分野(水資源開発、治水、排水等)で力を発揮してきました
  • 経営戦略CTII2010を策定した2008年頃より、道路・交通分野が新たな柱として急成長を遂げ、2006年では完成額のほとんどが水分野であった状況が、2015年では水と道路・交通の比率は、ほぼ50%:50%と現在では、「水と道路・交通の2本柱」体制となりました。
  • 2010年に策定した戦略2015では、「質、量ともに責任を持ってODAを担うことができるコンサルタント」を目指し、売上高は24億円(2010年実績)から32億円(2015年実績)へ、また社員数も100名(2010年1月時点)から152名(2015年12月時点)へ飛躍的な成長を遂げました。今後の更なる事業拡大に向け、引き続き組織体制の強化を進めていきます。

2.事業環境の展望と事業の方向性

  • 近年の開発途上国、新興国の発展の速度は極めて速く、ODAの役割、量、質、事業環境等も今後も様々な変化が想定されるため、今後は現地のニーズにあったサービスの提供などが求められるようになると想定されます。
  • 海外のインフラ整備市場はアジア、アフリカなどの新興国、開発途上国を中心に引き続き大きな成長が見込まれており、ODA以外の民間資金の活用も含めた対応が必要になると予想されます。
  • 今後の急激な環境の変化に対応するため、分野の拡大、顧客の多様化を含めた事業の拡大が必須であり、その実現には多様な分野で活躍するCTIグループ全体としての総合力が必要です。当社は特にCTIグループのグローバル展開の主導役として更なる事業拡大を目指します。

3. CTIIビジョン2025の概要

3.1 基本的考え方と目標とする事業規模

目標とする事業規模

- 売上高:   100億円

- 営業利益率:   8%

- 海外拠点:      現地法人および連絡事務所12か所

・市場展開の方針

3.2 目標達成のための方策

       1. CTIグループパワーによる展開

CTIグループ全体の資源(ヒト、モノ、カネ)を活かし、総合力を発揮してのビジョン実現を目指す

       2. 経営基盤の強化

          社内体制の整備・強化と意識改革により安定した利益を出せる構造を構築する

- 事業展開体制強化

- 資本力強化

- 人材確保

- タイムリーかつ正確なプロジェクトマネジメント

       3. 人材育成

          「技術者として世界レベルで認められる人材の育成」を柱に、2025年までに100人のプロジェクトマネージャ(PM)を確保する

4. 組織体制強化

           グループパワーによる海外展開の推進を目指すための組織体制の強化を行う

- 事業部制導入により上流から下流の一貫した総合サービスの強化

- 契約管理機能の強化

- 海外の経営企画実施体制の強化

- 国際事業をCTIIへ集約

- 現地生産体制の強化

- リスク管理体制の強化

       5. 生産構造改革

 安定的な利益確保を目指した生産構造の改革をすすめる

- 少数マネジメント型案件の拡大

- 海外支社、現地法人の人材を活用

       6. ワンモアセクターへの展開

           新たな柱となる事業への展開を進め、より強固な経営基盤を築く

       7. 海外現地法人による事業展開

           既設現地法人(中国、ミャンマー)の活動範囲の拡大と新規法人の設立

-CTIグループビジョン-

CTIグループ中長期ビジョン−CLAVIS 2025− (クリックすると(株)建設技術研究所のHPにジャンプします。)

中期経営計画

-中期経営計画 2021-

1.次の3年間で実施すべき事項

 CTIIビジョン2025で掲げた目標を達成するため、次の3年間で以下を戦略的に実施する。

 ・多様なクライアント層を確保・拡大、そのための生産構造の改革

 ・海外ネットワーク強化により収益性と価格競争力を確保

2.中期経営計画2021で推進する5つの取り組み

 中期経営計画2021では「今後の成長に欠かせない強固な基盤を“確実に”築く」ことを目標に、

 以下に示す5本柱に沿って事業を推進する。

(1) 受注確保・分野拡大

 以下の受注、完成、利益を確実に達成していく。

 

(2) 生産構造改革

 生産体制を抜本的に改革し、MDBsや民間業務受注のための価格競争力を実現する。

 

(3) 経営基盤強化

 管理・営業企画機能の強化、海外拠点・ネットワークの強化のために必要な投資を、予算を定めて戦略的に行う。

 

(4) 働き方改革

 どこでも社内と同じ環境で仕事ができ、多様な働き方が実現できる環境を創出する。

 

(5) CTIグループのグローバル展開の牽引

 CTIグループ全体のグローバル展開における牽引役を担う。

 

3. 行動計画

 中期経営計画2021成功の鍵は、計画に基づく“確実な”取り組みの実施である。

 2021年までに達成すべき事項として設定した33のアウトプット(※)について、実施責任者を選定し、

 それを確実に進めるとともに、実施状況をモニタリングし、全社員に取組み状況を周知する。

 ※ローカルコンサルタントとのアライアンス形成によるMDBs案件の受注拡大、現地法人設立の準備・実施、Waterman Group Plcとの連携・協業 など

品質環境方針

環境目標
相手国の法規制はもちろんのこと様々な風習や文化に配慮し、開発に伴う自然環境の保護、社会環境への配慮に努め、環境汚染の予防を考慮した質の高いコンサルティング・サービスをいつでも、どこでも提供する。

環境目標達成のための方策
(1)環境関連部署の充実
(2)環境関連担当(予定)者の採用活動の継続・強化
(3)案件実施におけるCTII内の他技術部やCTIグループ企業との連携
(4)CTIグループ企業との人事交流
(5)新たな環境分野への取り組み
(6)環境案件における地方自治体関連機関との連携
(7)環境案件における中小企業との連携
(8)海外における事務所の再編・強化

品質環境マネジメントシステムの適用範囲
当社が受託する、国内外での調査、計画、設計、技術協力プロジェクト、施工監理及びその他のコンサルティング業務とする。

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進

仕事と子育ての両立、ならびに多様な働き方の実現をめざし、次のように一般事業主行動計画を策定しました。

1.計画期間

2020年4月1日〜2025年3月31日

2.内容

目標1:社員一人ひとりが、それぞれのライフスタイルに合わせて働けるよう、多様な働き方の実現に取り組みます。
 <対策>

 ● 在宅勤務を標準的な働き方の一つとして整備し、育児・介護と仕事の両立を含む、多様な働き方の実現に取り組みます

 ● 定期的な労働時間・休暇取得率の管理を実施し、社員の意識向上を図るとともに、超過勤務削減・休暇取得率向上に取り組みます

目標2:父親の育児休業取得を促進します。
 <対策>

 ● 男性社員が取得しやすい雰囲気の醸成を図り、部長会議や社内広報誌などを通じて、積極的な育児休業制度の利用促進に取り組みます

 ● 男性向けの育児休業取得ガイドブックを作成します

2020年6月25日